ロングブラックというコーヒーのお話

昔々あるところに、戦時中イタリアに駐屯していたアメリカ兵がいました。「このエスプレッソってのも美味いけど、そろそろ故郷のコーヒーが飲みたいぜ、、、。そうだ!おーい。お湯だ!お湯をもってこい!」そう言って、エスプレッソではなく故郷のコーヒーを飲みたくなったアメリカ兵はエスプレッソをお湯で薄めて楽しんだのでした。

そんなことから、カフェアメリカーノ(イタリア語でアメリカ人の意)という名前がつけられたとされています。真実かどうかはよくわかりません。

*アメリカーノというカクテルがあるので、ここではあえてカフェアメリカーノとします。

ということで、簡単にアメリカンコーヒーとカフェアメリカーノの違いから書きたいのです。なぜならアメリカンコーヒーだけでも結構定義がたくさんある(らしい)ので。

エスプレッソ以外は人並みな松岡で恐縮ですが、簡単にいうと、アメリカンコーヒーはレギュラーブレンドよりも多めのお湯でドリップしたブラックコーヒー。

または、浅煎りでドリップしたコーヒー。

基本的にペーパードリップが主です(もちろんサイフォンやネルドリップとかもあるでしょうけど、、)。

そう、つまりアメリカンコーヒーとはドリップやインスタントで作るコーヒーです。

個人の主観ですが、紅茶に近い感じで、家でも薄めのコーヒーが好きな方は知らずにアメリカンを落としているのではないでしょうか。レギュラーが150cc なら同じ豆の分量で200ccがアメリカンコーヒー。的な。数字は適当です。すみません。

スペシャリティコーヒーの浅煎りで作るアメリカンコーヒーは、本当に素晴らしいシトラスを持つ紅茶のようなカップがあります。だから呼び方を「シトラスコーヒー」とかに変えれば良いのにとか思ったりします。

ドリップだからアメリカンコーヒーはHPEでは飲むことが出来ないコーヒーですね。川越にはスペシャリティコーヒー含め、美味しいアメリカンを飲める喫茶店が沢山ありますので是非試してみてください。

そして、本題のカフェアメリカーノですが、駐屯兵が言っている通り、端的に言うとエスプレッソをお湯で薄めた飲み物です。そう、ドリップではなくエスプレッソベースで作るコーヒーとなります。

ああ、、、、今日も文章長くなりそうです。

正直言って、カフェアメリカーノって「本日のコーヒー」や「ペーパードリップ」の代替コーヒーって思っている節がありませんでしょうか?

ちなみに僕は思っておりました。

20年ほど前に某チェーンでアルバイトしていた時に、「今からドリップを落とすんで、5分くらいお待ちください。ちなみにアメリカーノならすぐにできます。」というセリフをよく吐いていました。

常連様「あれ嫌いなんだよ。5分待つよ。」

俺「お嫌いなんですか?」

常連様「なんか、熱いし、苦い。」

俺「お湯の温度が調整できないのですみません。冷ましたお湯で作りましょうか?(マニュアルにはないけど)」

常連様「もうあと2分だからいいよ。」

俺「本日のドリップはケニアになりまーす。」

常連様「どうもー。」

てな感じで、お客様もペーパードリップがあればペーパードリップを飲まれる傾向にある気がします。そしてペーパードリップがあればカフェアメリカーノに意識がいかず、どうしてもおざなりに、、ってことが起こっている気がします、、、(主観ですよ。美味しいアメリカーノのお店は沢山ありますので。)。

でも、丁寧に作ったカフェアメリカーノはペーパードリップとは別物のマスターピースになり得ます。どちらが美味い?では決してありません。別物です。

現在、HPEではペーパードリップをお出ししておりません。お出しするエスプレッソドリンクをおざなりにしたく無いと思ったのと、中途半端にやるより川越には美味しいドリップコーヒーがたくさんありますので、そちらで楽しんでもらう方が良いと思ったからです。

あと、一人でやっているとどうしてもドリップは限界があるためです。少し脱線しますが、アイスコーヒーも「水出しぐらいやったら?」とよくお客様にも言われることがあるのですが、同様の理由で今のところ出す予定はないです。

でもドリップ、水出しを出さない一番の理由は「きちんと作ったアメリカーノが、(アイスでもホットでも)ドリップとは別物として、美味いから」。です。

話を元に戻しますと、ドリップ淹れる時って温度計りますよね?

でもカフェアメリカーノを作る時ってなぜか98度とか、超高温だったり、温度を計ってなかったりしませんか?だから丁寧では無いんだと思います。

あと、ドリップをお出しする時って、何通りか温度チェックしたり、挽き方変えてみたり、お湯を注ぐ速度を変えてみたりしませんか?

でもカフェアメリカーノを作る時って、特に色々試してなかったりしませんか?レシピ通り、ワンショットをカップに淹れて、お湯を注ぐだけ。

よく「クレマ」を取り除いたアメリカーノが美味しい、と言われる方がおりますが、今のところ私自身「クレマ」を取り除いたアメリカーノに魅力を感じたことは皆無です。

それは試してみて、クレマの中に含まれるフレーバーが上に浮いているカフェアメリカーノが一番美味しかったから。

ジントニックと1口に言っても山ほど作り方と、バーテンダーさんによって味が違うのと同じで、アメリカーノだって作り方一つで全然別物になりますよ。

アロマを楽しむ時、水の上にアロマを垂らしますよね。それと同じでお湯の上にエスプレッソを乗せてあげると香りやコーヒーアロマが浮かぶので最初の一口がより香り高くなることがわかりました。

もしチェーン店で働かれている方がいらっしゃったら是非やってみてください。お湯の温度を80度前後にして、エスプレッソを上に直接落とすと全然味が違うと思います。

HPEのアメリカーノは、1口ずつ、5口目くらいまで味とフレーバーが変化していきます。ブレンド豆を使用する醍醐味だと思います。そして、冷めると少しずつ酸味が出てくる本当は最高に楽しい飲み物だと思います。

でもうちのメニューにホットのアメリカーノはありません。なぜなら、知らずに作っておりましたが、お湯の上に浮かべる作り方を、オーストラリアやニュージーランドの方では「ロングブラック」と呼ぶようです。なのでHPEのお湯割のメニューは「ロングブラック」としております。なんかかっこいいですしね。

ロングブラック!

ちなみにアイスアメリカーノも同様で、氷の上にエスプレッソを落としてあげるとコーヒーの油分が氷に付着します。それを最後に水で洗ってあげるように混ぜてあげることでフレーバーがスッキリしました。

淹れるエスプレッソの質や、豆の質もあると思いますが、HPEのアイスコーヒーは水出しよりもスッキリしていると感じます。これからの季節は是非飲んでみてほしい一杯です。アイスはそのまま「アイスアメリカーノ」としております。

ペーパードリップを出していない小さなコーヒースタンドで、どうお客様に「ロングブラック」を美味しいと思ってもらうかを考えて、その「道理」ばかりを考えて出来た、おそらくペーパドリップとは別物の最高に香り高いブラックコーヒーを是非。

川越の小さなコーヒースタンド

Hill Pine’s Espresso

 

フラットホワイトについて

こんにちは、ヒルパインズエスプレッソの松岡です。

本当にこのブログを更新出来ておりません、、、が、本日はエスプレッソドリンクの種類について少し記載させていただきます。

エスプレッソ、、って聞くと、「苦い」「濃い」という話がよくでますが、前回の記事でも書いた通り、それは10年前の話。

今はバリスタによって「シトラス」な酸味が感じられるエスプレッソや、ミルクと合わせるとチョコレートのフレーバーがするエスプレッソなど様々で、ただただ深煎りで苦いコーヒーというのは個人店ではあまり見かけません。

とはいえ、エスプレッソというのは決して手加減を知っているコーヒーではなく、ウィスキーでいうところのストレートというのも前回のブログで記載しました。

なので、今後はちょいちょい現在HPEで提供している、エスプレッソを使った様々な飲み方をご紹介していきたいと思います。

今日はフラットホワイト

元祖がニュージーランドなのか、オーストラリアなのか諸説あるようですが、僕はこの飲み方が好きです。もともと、ヒルパインズのラテはこのフラットホワイトの作り方をしておりました。が、今は明確にメニューを分けております。

ラテに比べてスチームのフォーム(泡)がきめ細やかで、ラテよりも薄く(フラットに)ミルクの上に鎮座します。ここまではよく店員さんの説明とかイラストで見たり聞きますよね。

じゃあ、なんでフォームを薄くフラットにしたの??という話。

ここからは個人的なHPEの中での考え方なのですが、フォームをキメ細やかにして、薄く(フラットに)浮かべてあげることで、そこに溶け込むエスプレッソのクレマの割合がラテより多くなります。つまりフォームがよりエスプレッソ感を吸収します。不思議な話ですね。

※クレマというのはエスプレッソを抽出した時に出来る泡のこと。ここに結構フレーバーが溜まっております。クレマが無いエスプレッソはもうエスプレッソでは無いです。

つまり、ラテで飲むよりも最初の一口にエスプレッソ感(つまり香りやチョコレートフレーバー)を強く感じるため、「ウヒョー、このフレーバーがたまんねーぜー!!」となるわけです。

でも、そもそもエスプレッソの味(クレマ)がただただ苦くて濃ければ、それが溶け込むだけなので、「う、ニゲー、たまんねーぜー、、。」となります。

これまた自論ですが、本来エスプレッソドリンクはエスプレッソの香りを楽しめないと面白くありません。マッキアート、コルタード、エスプレッソトニック、ラテ、コンレチェ、どれも同じです。以前の投稿にも書きましたが、エスプレッソは本来コーヒーアロマだと思ってドリンクを作っております。

どうでしょう、そんなフラットホワイトをぜひ。

川越の小さなエスプレッソドリンク専門店

ヒルパインズエスプレッソ

インスタ

https://www.instagram.com/hp_esp/

フェイスブック

https://www.facebook.com/HILL-PINES-ESPRESSO-1437885316289127/?ref=aymt_homepage_panel

ツイッター

 

 

 

エスプレッソとシングルモルトの考え方は同じ

どうも、ヒルパインズエスプレッソの松岡です。

先日、モルト好きのお客様が来られて、もれなく松岡も大好きなので盛り上がりました。そんで、エスプレッソもモルトと同じ概念だよね。ということでまとまりましたので記録しておこうと思います。

シングルモルトって結構ストレートで飲むことが多いですよね。僕もストレート派なんですが、結構モルトによってはソーダ割りにしたり、水割りにしたり、カクテルにしたりして飲むのも好きです。マンハッタンをラフロイグで作ってもらったりしました。

でもラフロイグて結構高いですよね。ストレートでも一杯900円とか1200円とか。だからそれをマンハッタンにするとか、、、、好きだとしても、常にお願いするのは僕の財布状況では難しいです。ただ、ラフロイグが390円とかだったら、他にも色々試してみたいと思いませんか?

あ、ちなみにラフロイグというのは以下のピート香が効いた強烈な香りのするアイラ諸島のシングルモルトウィスキーです。大好きです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%82%B0

聞いた話によると、主なシングルモルト蒸留場のテイスティングではトワイスアップという飲み方でテイスティングされているようです。これはウィスキー1に対して水1の割合で飲むことで、香りなどがより詳細に分かるんだそうです。そのまんまだと度数が強いですからね。だからこの飲み方をされる方もとても多いです。

Sさんの角、とかだとガバガバソーダを入れてハイボールにしますよね。でも、ラフロイグではあまりしない。高いから?勿体無いから?

でもその飲み方が好きなら、ソーダで割って飲むのもとても美味しいと思いますし、個人的には全然ありだと思います。

なんとなくラフロイグで例えてますが、どんなお酒をベースにしたとしても、一番自分の好きな飲み方を発見したり、その時にあった飲み方をすべきだと思いますし、なんならブラックボウモア(高いお酒)をコーラで割っても良いんだと思います。冒涜だ!とか、何もかもを恐れずに言わせてもらえるならば、、、。

そして、僕的にはエスプレッソもそうなんです。

ストレートで飲まないと、、深煎りでないと、、、砂糖を入れないと、、、

とかいったルールなんてないです。エスプレッソにだってウィスキーと同じようにトワイスアップという飲み方があります。

色々な焙煎した豆で、色々なドリンクと合わせて、色々な楽しみ方がある。それがエスプレッソの面白くて、ウィスキーに近いところ。そして、ストレートエスプレッソはバリスタとエスプレッソマシーンという蒸留場を通じて、バリスタの味、というか店のドリンクの命を抽出したものです。

ラフロイグだって、蒸留場の方針で、こういう味にしようと思って、ああいう味になっているわけで、ヒルパインズエスプレッソ蒸留場だってそうなんです。だから焙煎とかにも口を出して、こうでもないああでもない言うんです。本当は自分で焙煎するのが筋なのでしょうけど、、。

だからヒルパインズエスプレッソでは、そんなストレートエスプレッソを色々な飲み方で楽しんでもらいたいんです。水の温度や焙煎度合い、水の量、落とすスピード、グラインドの細かさと、上質なウィスキーと同等に気が遠くなるほど色々気を使って楽しく落としているエスプレッソを、身近なウィスキー価格で手頃に楽しんで欲しいと思ってこの店を作りました。個人的にですが、少量ロットで焙煎した上質な豆を使うのは前提として、自分の味、つまりエスプレッソを色々な飲み方で楽しんで貰えたら嬉しいんです。

ヒルパインズエスプレッソでは、エスプレッソの水割り、ミルク割り、トニックウォーター割り、ジントニック割り、色々あります。コーラ割、ジンジャーエール割もそのうちやりたいです。(ソーダだけは難しいのでまだ出せません、、)

でも、人によって必ず好みが違うから、「コルタードにシロップ入れて」とか、「ラテのミルク、少し熱めにして」とか、「エスプレッソをいつもの3倍の量にして落として」とか、「エスプレッソのお湯割のお湯を半分にして」とか、言ってもらいながら、一番自分にあった飲み方を見つけて欲しいなと思っています。どんな飲み方でも、自分の味がするストレートエスプレッソを落としていければと思っております。

ドリップは落としたらその後はブラックかミルクか砂糖か、お酒を少し入れるか、ですが、炭酸で割ったりはできない飲み物です。ドリップすぐが完成形。だから農園の顔だと思っています。(誤解しないで欲しいのは、僕は家ではもっぱらドリップで、ドリップを飲むのは大好きです。)

でもエスプレッソは、落とした後、さらにその先があり、ジントニックにエスプレッソをフロートしてみたら以外に美味しかったり、ミルク割りのラテにカルーアを入れたら意外と美味しかったり。濃縮された旨味成分だからこそできることだと思います。

うちのエスプレッソの抽出量や落とし方は各ドリンクによって異なります。それもまた面白いところ。モルトのショットの味はボトルで一定ですが、エスプレッソはドリンクに対してその場でコントロールが可能なんです。

よりチョコレートフレーバーを出すために、少量しか落とさないこともあります。勿体無い?そんなことないです。

だからそんな自由なエスプレッソをフランクに楽しんで欲しいです。

例えば、リストレットのエスプレッソで作ったラテをちょうだい。とか言われてみたい。リストレットで作ったコルタードのミルクの量を半分にしてちょうだい。とか言われてみたい。お湯割がいいんだけど、エスプレッソはルンゴにしてちょうだい。とか椎名林檎に言われてみたい。ジントニックじゃなくて、ラムトニック作って、エスプレッソをリストレットで浮かべて。とか言われてみたい。

そんな自由な飲み物だから、僕はエスプレッソのことが好きなんです。

ぜひ自分の飲みたいものにワガママになって欲しいですし、要求してもらえれば、それにお答えできる範囲でお答えします!ぜひ。

今回の投稿で意味不明な単語があったりしたら是非お店で聞いてください。

今夜はラフロイグをソーダで飲もうと思います!

松岡

ヒルパインズ「エスプレッソ」のお話。

おはようございます。

こちらの投稿を全く更新できてないない店主です、、。

おかげさまで、ヒルパインズエスプレッソが年明けで3ヶ月を迎えます。一つの節目として3ヶ月。あっという間でしたが、支えて頂き本当にありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

そんな節目に、僭越ながら、ヒルパインズエスプレッソという飲み物に絡めたお話を少しだけ。

世の中に、エスプレッソといっても色々あります。ファミレスのボタンで出てくる飲み物もエスプレッソですし、イタリアのナポリのバンコでギャルソンがウィンクしながら抽出するものもエスプレッソです。

エスプレッソの落とし方の定義として、大体12gから14gくらいをツーウェイのポーターフィルターに詰めて、で2口の出口から均一にトロントロンと落ちてきて、ワンショット30ml(約1oz)、23秒以内、がよし。というのを聞きますね。そして焙煎は結構深入り。フルシティとかイタリアンローストくらい。

ちなみに、ドリップコーヒーも色々ありますよね。オフィスの端のポットで煮えたぎったコーヒーも、いぶし銀のマスターが丁寧に落としたスペシャリティコーヒーのクリーンカップもドリップコーヒー。

じゃあ、ドリップコーヒーの定義ってなんでしょう?お湯の温度は?豆の分量は?粗さは?焙煎具合は?蒸らしの時間は?器は?

あれ、なんか一気にこだわる部分が増えた気がします。

コーヒー文化がセカンドウェーブからサードウェーブと呼ばれるものに突入しておよそ10年くらいでしょうか。

浅煎りのコーヒー豆でトレーサビリティが可能な単一農園のスペシャリティコーヒーを使ってエスプレッソを落として、ワインのテロワール的に土壌や豆の品種、ウォッシュト、ナチュラル、パルプドナチュラル、セミウォッシュトなどのあらゆるコーヒーの精製方法などが明記されるようになりました。

そして、上で述べたエスプレッソの定義(個人的によくそう聞くなと思われているもの。)も全く変わってきていますよね。というより、エスプレッソもドリップコーヒー同様、バリスタの追求する味に合わせて、焙煎具合や、抽出方法を吟味する時代になった感じですかね。これは、10年前にサードウェーブを牽引して来られた方々に築いて頂いた新しい価値だと感じております。

その流れの中で、ヒルパインズエスプレッソが単一農園のシングルオリジンではなく、ブレンドを使用するのは、店の味=ベースとなるエスプレッソの味=バリスタの味、だと思っているからです。単一農園のシトラス系の酸味のするスペシャリティコーヒーも大好きですので、自宅でドリップを落としたりして楽しんでおりますが、やっぱりコーヒー豆の本来の味を楽しむものだなって感じるんです。ワインみたいに。でも、エスプレッソって、コーヒー豆の本来の味は勿論美味しくないとダメなんですが、どちらかというと「バリスタの味」を楽しんでもらうものかなとも思っているんです。

話がそれますが、スペシャリティコーヒーを扱う上で「酸味」というキーワードがよく出てきますが、現在この「酸味」の意味が結構人によって異なるように感じます。日本語だと、どんな酸味も共通して「酸味」ですが、英語にすると「Sourness」「Acidity」「citrus」などの表現があります。

「Sourness」って聞くと、酸っぱそうと感じますが。「Citrus」と聞くと、ちょっと爽やかな柑橘系をイメージしますよね。柑橘系の爽やかな酸味も「酸味」、酸化したコーヒーの酸っぱさも「酸味」、だとちょっと混乱しますよね。

話を元に戻すと、ヒルパインズエスプレッソはそのシトラス系の酸味を残しながら、エスプレッソ特有のチョコレート感を味わってもらえるバランスを上尾のマルワコーヒーさんご協力のもと追求してきました。こうやって聞くと、深煎りでも浅煎りでもない、どっちつかずのブレンドのように聞こえますが(笑)ヒルパインズエスプレッソが追求したいのは、このチョコレートフレーバーを感じるエスプレッソなんです。店の味=エスプレッソの味=バリスタの味。的な。

僕が勝手に思うところですが、一番美味しいコーヒーは自宅で淹れる一杯のドリップコーヒーだと思っています。家の近くでコーヒー豆を買って、家のミルで挽いて、好みのドリップのセットで淹れる。それが一番美味しいコーヒーなんだと思います。

でも、美味しいカップチーノに辿り着くまでには、特別なマシーンが必要で、調整に大量のコーヒー豆を使用して、微粉の片付けが面倒なエスプレッソは、ずっとエスプレッソのことばかり考えているバリスタに淹れてもらう方が良いのかなと思ったりします。

これからも、そんなエスプレッソをベースにしたドリンクを提供させていただき、ああ、家の近くに美味しいカフェラテ、アメリカーノが飲めるお店があって幸せだなと思ってもらえるようなお店にしていければと思っています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

川越の小さなコーヒースタンド

Hill Pine’s Espresso

 

Cafe Latte

Caffe Latte/カフェラテ 560円

エスプレッソのほのかなチョコレートフレーバーとミルクの甘みが合わさったミルクたっぷりのカフェラテです。

川越の小さなエスプレッソスタンド Hill Pine’s Espresso

川越の小さなコーヒースタンドがオープンしました。

川越のコーヒースタンドがオープンしました。小さいですが、朝8:30からスペシャリティコーヒーを使用したこだわりの美味しいカフェラテを飲めるお店です。

お店自体正式にオープンしたのは10月6日なので、結構時間が経ってしまってからの投稿になります。

思いの他エスプレッソマシーンの調整が長引きましたが、今はチョコレートフレーバーを感じるエスプレッソベースのメニューがシンプルに落ち着いております。

エスプレッソ 380円

ホットコーヒー(エスプレッソのお湯割り)460円

カフェラテ 560円

その他エスプレッソベースのドリンクとなります。(ご希望があればおっしゃってください。ご用意できるものはお作りいたします。)

メニューはわかりやすく、エスプレッソそのまま、お湯(水)割、ミルク割、と分類しました。ミルク割は相性が良く、エスプレッソのポテンシャルをグッと引き出してくれます。是非飲んでみてください。

エスプレッソは苦いというイメージもありますが、砂糖を入れて飲むとフルーツチョコレートのような味がします。他では味わうことが出来ない、デザートにもなりうるテイストです。

不思議なのですが、エスプレッソはペーパードリップよりもカフェインが少なく、リラックス効果もあると言われています。眠れなくなる!というのはきっと体験が衝撃的なのだと思います。笑

小さなお店ですが、フランクにコーヒーの話ができればと思っていますのでお気軽に遊びにいらしてください。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

店主